作業者

風呂釜を交換してくれる業者を選ぶのときのポイントって?

毎日の掃除が大切

浴槽

乾燥させる環境で利用

多くの家庭が湯冷めの防止などに利用しているのが風呂ふたの存在です。風呂ふたは家庭によって、形状が異なりそれぞれ手入れ方法に違いがあります。細かく仕切られた蛇腹タイプは一番手入れが行いにくく、カビも生えやすいためこまめな掃除が必要になります。一本一本のすき間をブラシなどでこするほか、隅などは水垢やカビが発生しやすいため、カビ取剤などの使用も考えておくとよいでしょう。また、使わない時には、横に倒して保管しておくより立てて、内部にたまった水を排出させた方が衛生的に保てます。天気のいい日にはバスルーム換気をしっかり行うことや、場合によっては風呂ふたを天日干しにするとよいでしょう。折り畳み式の風呂ふたであっても、蛇腹タイプではなく、フラットなものも販売されています。この場合には、目地が少なく比較的掃除がしやすいほか、一つの面が広いため、スポンジなどを用いて毎日掃除することができます。このタイプも掃除をした後は、できるだけ乾燥させておくことでカビの発生を防止します。それ以外のタイプとして、折りたたまないフラットなタイプがあります。これは面積も大きく手入れもとても簡単です。毎日の掃除の際に、全体をスポンジでこすり、しっかりと乾かしておくだけで、きれいな状態を保てます。また最近ではカビが生えにくい加工をしているものもあるため、新しく購入する場合にはおすすめです。既存のものがカビ対策していないものは、毎日水気をなくして、乾燥させることによって防止できます。