自宅がコールセンターになる!在宅オペレーターは副業に最適
ロゴ

副業で在宅オペレーターをするならサポート力の高いところを選ぼう!

自宅がコールセンターになる!在宅オペレーターは副業に最適

パソコン

在宅オペレーターとは

在宅オペレーターは、自宅で行うことができる副業として注目が高まっています。なぜなら、自宅にいながらコールセンターの仕事ができるからです。仕事の内容は、通販の注文受付や商品説明など、オフィスで働く業務とほぼ同じです。中には、テクニカルサポートなど、特定の知識を要する仕事もあります。

女性たち

在宅オペレーターの仕事を始める際の流れ

副業として在宅オペ-レーターの仕事を始めたいなら、求人を慎重に見極めることが大切です。大手の通信業者や通販会社、カタログ出版社など、さまざまな企業が求人を募集しているためです。まずは、サポート体制が十分な求人を探しましょう。特に、初めて在宅オペレーターの副業を始める場合は注意が必要です。トラブルに対するマニュアルが万全な求人が適しています。

女性

在宅オペレーターを始めるにあたって必要になるもの

在宅オペ-レーターを始める場合には、電話とパソコン、インターネット環境が整っていることが重要です。また、マイクを通して会話をしますので、ヘッドフォンと小型マイクが必要になります。ただし、在宅オペレーターを募集している企業が、ヘッドフォンと小型マイクを用意するケースも見受けられます。

JOBS

自由なシフトが魅力

在宅オペレーターの魅力は、自由にシフトを組むことができる点です。家事や育児など、プライベートの都合を最優先してシフトを決めることが可能ですから、副業しやすいという特徴があります。もしも働きやすい時間帯が決まっているならば、あらかじめ明確に伝えておきましょう。優先的にシフトを組んでもらえる可能性があるからです。

インバウンドとアウトバウンドの違い

インバウンドは受け身のスタイル

インバウンドは、お客様からの質問やクレームなどを受け付けています。商品の説明やテクニカルサポートを行う場合には、事前に研修を受けるケースが一般的です。

アウトバウンドは営業に近い

アウトバウンドは、指定された商品やサービスについてお客様に電話をしてアピールする仕事です。営業に近い仕事内容ですから、コミュニケション能力が求められます。